トピックス

 トピックス
6月23日(金)世界最大級のワイン展示会VINEXPOにシャトー・メルシャン出展


メルシャン欧州事務所の山口大輔です。
メルシャンは日本ワインを造る一方で世界のワインも輸入をしており、ワイナリーの一次的な窓口として欧州事務所をフランスに構えています。


メルシャンの使命はブドウ畑から皆様の食卓までをワインという糸で繋ぐことですが、その使命は日本ワインも海外ワインでも同じで、ワインのある幸せな食卓を楽しんでいただけるよう、欧州事務のメンバーは日々ヨーロッパを中心に駆け回っています。


さて、今回は私が6月20日、21日にフランスはボルドーで行われたVINEXPOという世界最大級のワイン展示会において、シャトー・メルシャンの紹介を行ってきましたので、その時のことをレポートさせていただきます。


今回シャトー・メルシャンをご紹介させていただいたのは、著名なワインジャーナリストのミッシェル・ベタンヌ氏とティエリー・ドゥソーヴ氏が主宰する「bettane+desseauve」というフランスの著名ワイン誌がプロデュースするブースで、ブースは彼らがセレクションしたワイナリーで構成されます。同ブースにはドメーヌ・カズやピオ・チェザーレ等の著名なワイナリーの名前も見られ、シャトー・メルシャンがプレステージワインとして扱われていることを肌で感じることが出来ました。


シャトー・メルシャン 甲州きいろ香を手にするミッシェル・ベタンヌ氏


今回提供したワインは
・シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2015
・シャトー・メルシャン 甲州グリ・ド・グリ 2015
・シャトー・メルシャン 北信シャルドネ RGC 千曲川左岸収穫 2015
・シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード オムニス 2013


いずれもシャトー・メルシャンを代表するラインナップです。
特に「シャトー・メルシャン 北信シャルドネ RGC 千曲川左岸収穫 2015」は先日行われた著名な国際ワインコンクールであるレ・シタデル・デュ・ヴァンで、金賞を受賞したばかりで、今回のVINEXPOでは授賞式が行われました。このおかげで今回私たちのブースではその賞状とトロフィーを飾ることが出来ました。ワインは賞のために造るものではありませんが、品質を評価いただくことはとても嬉しい事です。


レ・シタデル・デュ・ヴァンのトロフィーと賞状


シャトー・メルシャンの味わいに対する評価は、ありがたいことにとても高く、固有品種の甲州を使用した甲州きいろ香や甲州グリ・ド・グリに関する質問が多く飛び交い、馴染のある国際品種を使用した北信シャルドネやオムニスについても、日本のテロワールが生み出す個性豊かな味わいに驚きと覚えるお客様が多数いらっしゃいました。


また、今回私が個人的におもしろいと感じたのは普段メルシャンにワインを提供してくれているメルシャンのパートナーワイナリーの面々が多数シャトー・メルシャンブースに来てくれた事です。普段のワインの説明をする側とされる側の立場が入れ替わり、醸造についてのプロフェッショナルである彼らのテイスティングコメントを聞くことが出来るのは非常に貴重な体験でした。彼らの何気ないコメントが、もしかしたら次のシャトー・メルシャンの品質向上へのヒントになるかもしれません。


シャトー・メルシャンブースはありがたいことに盛況で、2日間はあっという間に終了となりました。
印象的だったのは数年前に海外の展示会で日本ワインを出していた時よりも、今回の方が日本ワインの事をご存知で、ポジティブに評価をしていただける方の割合は随分と増えていた事でした。(中にはボルドーから遠く離れたマルタ島からわざわざ甲州ワインを飲むためにここに来たとおっしゃっていただける方までおられ、日本ワインの進歩を感じることが出来ました。)


会場の舞台となったボルドー、ガロンヌ川越しの夜景


日本ワインの海外での展開はまだ始まったばかりですが、これからも粘り強く活動を続けていくことで、いつか私たちが日本の畑と海外の食卓を日本ワインという糸で繋ぐことも出来るようになる日を夢見て、これからも努力を続けていきたいと思います。

トピックス最新の記事

2017/07/06 トピックス
マンスリー シャトー・メルシャン7月号「涼を愉しむ日本ワイン。」
2017/06/28 トピックス
6月23日(金)世界最大級のワイン展示会VINEXPOにシャトー・メルシャン出展
2017/06/27 トピックス
6月20日(火)フランス・ボルドーのワインコンクール「レ・シタデル・デュ・ヴァン 2017」にて日本ワイン特別賞&金賞をダブル受賞!
2017/06/20 トピックス
シャトー・メルシャン プリムール・テイスティング2017を開催しました
2017/06/08 トピックス
マンスリー シャトー・メルシャン 6月号「フィネスを極めて、日本ワインの真髄へ。」